マーチング・バトン活性化主義! FPでも活動中!

しっかりと、伝えるために。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

こんばんは、鶴巻です。
日大のタックルをした選手の会見が、メディアで取り上げられている一日でした。
これに対して、日大の広報課は
『(相手のQBを)つぶせ=思いきって当たれ、との意味』
と公表しました。

実際に「つぶせ」と言ったことを認めているため、これは本当に言われたことなんでしょう。
そして「誤解を招いたことは申し訳ない」というコメントがありました。
が・・・・・・。

 

まず、誤解を招いたと言ってますが、そもそも指導では
そのような間違う言葉を言うことは良くない。
言葉を聞いて『そのままの意味で受けとる』人もいるんですね。
そういう特徴を持った人たちにとっては、「裏の意味を読む」ことは非常に難しい。
(※今回タックルをした選手がそうだとは言ってません。
そういう特徴の人も、世の中に多く存在する、ということ)

だから「誤解を招く」とかじゃなく、
そもそも『○○の意味で言った』というようなモノがダメなんですね。
分からない・誤解するのは、伝えきれていないんです。
言う側の責任です。
だから、もし今回「つぶせ」と言っていたのなら、言う側の責任だと思うんです。

 

分かりやすく伝える、というのは、指導者にとって当然のスキルです。
伝わらないのは、9割以上は指導者の責任。
普段から「分かりやすく」意味をしっかりと伝えられているか?
それはいつも気にしておきたい点です。

年を重ねる毎に思いますが世の中には『話が長い』人が多すぎる。
(内心ドキッとした人、いませんか?(笑))
相手の反応が薄いと、ついつい重ねて押すように話したり、たくさんの事を伝えようと長く話してしまいます。
しかし!
聞いてる側の集中力は限界があり、1分を超える話については、内容の受け止めが著しく少なくなります。
長く話しても、聞いているほうは「はよ終われ」としか思わず、
ただあなたの人気がジリジリと下がっていくのみ。
だからこそ!
言うことは短くスパッと伝える。
そして長くならずに、短めに切り上げる。
(自分で短めだと思っても、聞いてみると、案外そんなことはありません)

そしていろんな方に、自分の話し方に対してアドバイスもらえるといいですね!

 

ではまた!!

この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 鶴巻のブログ , 2018 All Rights Reserved.