マーチング・バトン活性化主義! FPでも活動中!

地震保険について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

こんばんは、鶴巻です。
ご存じの通り、大阪で大きな地震がありました。
ですが、3.11のような混乱もなく、ほぼ平常に戻りつつある、というのが正直な感想です。
(もちろん、まだ避難を余儀なくされているかたもいらっしゃいます。
また、ライフラインの復旧が遅れている地域もあります。
しかし、3.11や阪神・淡路の後の混乱に比べると、という印象です)

さて、大きな地震が来ましたが、ここで「地震保険」に加入しているかたは、
お問い合わせをすることをお勧めしたいと思います。

 

地震保険とは、文字通り「地震」の被害に対して補償されるもの。
地震で壊れるほか、地震が原因で火事になったり、地震の後の津波を受けたり、などが対象です。
せっかく保険料を払っているのだから、被災地域のかたは、是非問い合わせをしてみてほしい。

 

地震で「全くの無傷」なら難しいですが、よくよく見れば、建物に細いヒビ(ヘアクラック)の
一本や二本、入っているのではないでしょうか。
ヒビが一本だけ、二本だけとかだと、保険金が下りるのは難しいかもしれませんが、
ヒビや歪みなど、何かしら被害があるのであれば!
聞く価値はあります。

嘘をつくのはダメだけど、実際に多少でもヒビなどがあるなら!
保険会社の人(正確には、保険会社から委託された鑑定会社の人)が判定するんですから、
こちらはこちらで堂々と言い分を述べましょう。
(もちろん、鑑定されて「損害なし」とされて保険金が下りないこともあります。

というのは、せっかく保険料を払っているのに、申告しないかたが多いんです。
それも結構な値段の保険料なのに! です。
せっかく払っているのなら、少しでも被害があるのなら。
今のあなたのために、地震保険という制度があるんです。
正々堂々と請求しましょう。

 

請求(事故受け付け)をすると、日程調整の上、鑑定人が見に来ます。
基本的には、外回りを見るだけで終わることが多いです。
外回りで判定が微妙な場合、中も見て被害点数を拾ってくれます。
傷を多く見つけたほうが、鑑定としては損害が大きくなりますので、
あそこも割れた、ここも歪んだ、と申告して見てもらいましょう。
(判定が微妙、というのは、「被害なし」と「一部損」のどちらになるか
微妙なライン、「一部損」と「小半損」のどちらになるか微妙なライン、など)

 

例えば3,000万円の建物だった場合。
地震保険はおそらく、半分の1,500万円で掛けています。
地震保険の全損で1,500万円、
大半損でその60%の900万円
小半損で30%の450万円、
一部損では5%の75万円、となります。

例え一部損だったとしても、いま75万円が下りたら、すごく助かりませんか?

 

しかも地震保険は、建物の修理に使わなくても構いません。
被災者の当面の生活費という側面もありますので、
受け取った保険金を、他のことに使っていいんです。

実際、3.11では、地震保険が下りた賃貸アパートの修理は全くしないで、
そのお金を「自宅の修理」に当てたかたも多かったです。

でも、それでいいんだと思います。
自宅が直れば、乗り切れる。頑張ろうという意欲が湧いてきます。
修理をした大工さんも、収入が得られる。
そしてその収入は、経済を回すことにも繋がります。

 

さて、ここまで書きましたが、被災した建物の構造によっても大きく変わることもお伝えしておきます。

木造の場合。
これは下りる可能性が高い。
柱・屋根・外壁・基礎。の4つに、どれだけ被害があったかの判定を行いますが、

まず「柱」。これが被害を受けるようだと、その建物はダメかもしれません。
実際柱がダメになる建物はあまり見かけませんが。

「屋根」。屋根から瓦が落ちたりするなど。
これも最近は少ないでしょうか。

「外壁」。
これは多少あるかもしれません。
今の外壁は、パネルを貼ったりするところも多いですが、その一枚一枚をよく見て、
傷や割れなど、細かく調べてください。

「基礎」。
基礎といっても、基礎そのものがむき出しになっているところもあれば、基礎にモルタルか何か外側に塗っている(貼っている)ところもあります。
ここが可能性高いかもしれません。

 

木造だと、これらから多少は傷・クラック等が見つかります。
鉄骨だとどうなるか。

 

一言で言うと、鉄骨の場合は厳しくなるという印象です。
(3.11を経験しての印象です)
鉄骨では、開口部(ドアや窓など)に歪みが出ている、外壁の破損、など。
これが中々難しいです。
難しいですが、多少なりとも破損があるなら、念のため、言ってみたほうがいいです。
(保険が下りなくとも、なにもペナルティはありませんから)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 鶴巻のブログ , 2018 All Rights Reserved.