マーチング・バトン活性化主義! FPでも活動中!

外貨建て生命保険を契約すべき理由

2018/05/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

こんばんは、鶴巻です。

前も書きましたが、私は生命保険を売る仕事をしてます。
生命保険っていうと、それだけで拒否反応を示す方もいらっしゃいますが(笑)
でも、貯金したりするだけじゃ補えない良い点がたくさんあるのも事実。

将来のことは、貯金を貯めて何とかする・・・・・・という方。
縁起でもない話ですが、明日事故にあって命を落とさないとも限りません。
ケガで入院したりしたら、有給休暇を使い果たした後は? ちゃんと給料は出ますか?
健康保険から、傷病手当金というものも出ます。しかし給与よりも低い額です。
急な出費(入院や手術など)が重なり、生活が苦しくなったら、どうしますか?

そんな経済的なピンチを助けてくれる、それが生命保険です。
え、そんなの知ってる?
それでも保険がイヤだから貯金するって?
まあ、それでも構いませんが・・・・・・。

銀行の金利、何%くらいでしょう?
普通預金が0.02%とか。
100万円預けると、1年経ったら200円利息がつきます。
定期預金なら0.1%とか0.2%くらいでしょうか。銀行にもよると思いますが。
それでも、1年預けて1,000円や2,000円といった金額です。
どうですか? あんまり意味ないと思いませんか?

生命保険会社は、会社により違いますが、利率が2%とかそんな世界です。
文字通り、桁違いです。

普通預金はまあ引き出したりする機動性に優れるため、まだ良いと思いますが、
定期預金は簡単に引き出すことや解約が難しいという性質があるのはご存じの通り。
預金している本人にもし何かあった場合・・・・・・、定期預金はまず動かせません。
いざという時にすぐ下ろせないのなら、解約するのも一つかもしれません。

そして、生命保険を契約する! これです。
生命保険、特に外貨建ての保険は、非常に利率が良い。
日本円建ての保険と比べると段違いです。

『でも、外貨建ては、為替で損しちゃうんじゃ・・・?』
という方、生命保険は「外貨で受けとる」ということができるんです。
外貨で受け取ってそのまま口座に置いておく間は、何も変わりません。
その外貨を口座から、日本円で引き出す際に、その日の為替でいくらかが変わります。

まず一つは『外貨のまま受けとることも可能』という点。
(保険会社によります)
銀行の口座(近くの銀行でも、大抵外貨の口座ができます)に10万ドルが入ったら、そのままにしておけば為替なんて関係ありません。10万ドルは10万ドルですから。
為替が円安になった(損だと感じるほどの円高じゃなくなった)と思ったら、円で引き出せばいいんです。

さらに外貨建て生命保険の利率は高いため、為替を考えても、まだまだ損しないケースが多いです
若い方は特にそうですね。

今までの為替の変動を見ても、例えば米ドルなら、1ドル90円や120円といった間ではよく動いていますが、それよりも円安・円高になったことは稀。(ならないとは言い切れません)

それを踏まえて、外貨建て生命保険の提案を受けたなら、チェックするポイントとしては

円高・円安の場合でどうなるか?
為替で、どのくらいまでなら損になるのか?

それをキチンと見ましょう!
逆に言えば、それをキチンと説明しない保険代理店は敬遠したほうがよさそうです!!

ではまた!

この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 鶴巻のブログ , 2018 All Rights Reserved.