マーチング・バトン活性化主義! FPでも活動中!

雑損控除について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

こんばんは、鶴巻です。
最近、地震や水害など、自然災害が多いですね。
今日も台風20号がちょうど上空を通過中です。

さて、私たちの国・日本は、自然災害がものすごく多い国です。
毎年台風は来るし、ゲリラ豪雨に見舞われるし、100年に一度の地震など災害が、毎年のように発生しています。
いくら家を補強しても限界があるし、治水の予算を減らしている以上、堤防が決壊することも可能性として考えておかねばなりません。

さて、不幸にも、そういった災害に会った場合。税金を軽減する制度があることはご存じでしょうか?

それが「雑損控除」というもの。
災害に会って、家の修理代が100万かかったとします。
その100万から5万円を差し引き、残りの額(95万円)を、所得から控除出来るんです。
計算上の所得が減るから、所得税はその分安くなります。
泥棒に会ってお金やモノを盗られた場合も使えます。
被害額を申請すればよいのです。
(ただしサギにあった場合は対象外。サギに会うのは、自身にも油断があるから・・・)

 

雑損控除1年で控除しきれない場合、翌年以降にも繰り越して控除ができます。
最長で3年の間、控除をして所得税を引いていけるのですね。
ちなみに、5年は遡って控除をすることが出来ます。
「あ~、知らなかった~! 控除してない!」
という方も、是非とも遡って使ってみましょう。

 

雑損控除は、確定申告をすれば使えます。
年末調整では控除してくれませんので、覚えておいてください。
「確定申告は難しそう!」という感じもするかもしれませんが、
国税庁のHPにて申告のページがありますので、指示に従って順に入力していけば、案外簡単に作れると思います。
(「e-tax・イータックス」で検索!)

 

仕事で広島県にも行くことがありますが、水害の被害は本当にひどいです。
(もちろん、他の地域でも大きい被害はあるのですが・・・)
雑損控除を使い、税金部分だけでも、少しでも軽減させましょう。
他にも、住宅ローンの猶予する制度や、自治体によっては支援金をもらえるところもあるかもしれません。
銀行や役所など、様々なところに相談に行ってみましょう。

少しでも皆さんのご負担が軽くなることを願い・・・・

では、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
※現在は東京です※「東北マーチング・バトントワーリング活性化実行委員会」を有志で立ち上げマーチングとバトンを後押しすべくイベントを主催。マーチング指導にも携わっています。仕事ではFPや宅建士の資格を活用し相談に乗る毎日。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 鶴巻のブログ , 2018 All Rights Reserved.